千葉県支部春季幹事会 開催!


千葉県支部春季幹事会が、 2017年4月22日(土) に開催されました。

千葉名誉支部長 ご挨拶
4/20 評議員に就任 (前 角田支部長の後任)
e0274082_123057.jpg



司会 唐松事務局長
e0274082_12305242.jpg


e0274082_12312091.jpg



議題
1. 2016年度決算報告

2. 支部役員変更の件
千葉 滋胤 支部長
松平 武史 副支部長 総務・会計委員長

3. 支部方針および委員会活動計画報告
昨年同様 500人以上参加の県稲門祭
支部活動の活性化
大学及び校友会への支援

•2017年年度事業委員会 活動計画
5,000円校友会費納入促進 納入率69%を100%へ
寄付金アップ 早稲田アリーナ (新記念会堂)
WASEDA'S HEALTH STUDY
校友会の貢献プロジェクトの追及

澤田 事業委員会 委員長
e0274082_1231524.jpg



•2017年度組織委員会活動計画
若手校友の増加
若手校友の集い 8/26 落語 アミュゼ柏
大学稲門祭に千葉県支部のブース 千葉県の名産品
県稲門祭サポート

土肥 組織委員会 委員長
e0274082_12323011.jpg



• 2017年度ボランティア部会活動計画
各稲門会からボランティア部会委員推薦願いたい

藤田 ボランティア部会 会長
e0274082_12325464.jpg



4. 2017年千葉県稲門祭概要
11月26日 (日) 14時〜19時
ホテルニューオータニ幕張

5. 2017年大学稲門祭記念品販売
記念品販売依頼
校友会費納入率向上
早稲田アリーナ募金依頼
WASEDA'S HEALTH STUDY
AコースBコース登録の支援補助出る

法被 25部 備品として追加
e0274082_12343836.jpg

e0274082_123529.jpg




校友会事務局長 梅原 氏 ご挨拶
e0274082_1233417.jpg



松平 副支部長 乾杯
e0274082_12353456.jpg




締めのご挨拶 田中副支部長
e0274082_12355617.jpg



以上 (文責 県支部事務局)
[PR]
# by chibawase | 2017-05-20 12:45 | 県支部事務局

2017年千葉県稲門祭 担当稲門会責任者会議開催!

千葉県稲門祭 担当稲門会責任者会議が、2017年2月25日(土) に開催されて、今年の千葉県稲門祭の方針、骨格が決定しました。

司会は唐松事務局長です。

e0274082_11155453.jpg


1.2016年県稲門祭の振り返り
ホテルニューオータニ幕張
講演会 菊間千乃弁護士 会場ラピス
チケット拡販体制 実行正副委員長 4稲門会の幹事長クラス

2.2017年県稲門祭実行委員会 案が提示され、承認。
実行委員会委員長 田中 博昭 柏稲門会会長
副委員長 高崎 憲一 野田稲門会会長
副委員長 水上 春男 流山稲門会会長
副委員長 実松 靖之 我孫子稲門会会長
副委員長 佐藤 義章 組織委員会副委員長

3.2017年県稲門祭運営 組織委員会・事務局案
日程 2017年11月26日(日)
会場 ホテルニューオータニ幕張
会費 男女 1万円

佐藤義章企画・進行本部長から講演者並びに特別企画の提案がなされました。

e0274082_1117214.jpg


『講演会 中林 美恵子 早稲田大学留学センター准教授』
『特別企画 今年度の活動報告 (仮称)』
以上承認。

4.チケット販売要請案 承認。
要請数 560枚

5.DM
県稲門祭チラシ、プログラム、案内状
封筒は各稲門会準備 or 支部準備 経費支部負担
1,000人程度を予定

6.当日の体制
チケット代金は前納振込が原則
司会は担当稲門会から出していただく。

7.今後の日程
9月9日(土) 第一回実行委員会
10月28日(土) 第二回拡大実行委員会
11月26日(日) 県稲門祭


田中 博昭 (柏稲門会会長) 実行委員会委員長のご挨拶。

e0274082_1118499.jpg


e0274082_11195128.jpg


以上
[PR]
# by chibawase | 2017-02-27 11:31 | 県支部事務局

2016年千葉県稲門祭 開催される!

2016年11月26日(土)早稲田大学校友会千葉県支部稲門祭「女性が輝く新しい時代へ」が海浜幕張のホテルニューオータニ幕張で開催されました。校友・招待者合わせて525名の大会となりました。当日の講演会・総長懇談会の模様をレジュメで再現いたしました。

第一部 講演会 (午後2時〜午後3時)
講師に菊間千乃弁護士をお招きし、『今の自分を越える』という演題で語っていただきました。菊間氏は1995年に早稲田を卒業され、同年フジテレビに入社後、2011年から松尾総合法律事務所でご活躍されています。
県稲門祭テーマ「女性が輝く新しい時代へ」にふさわしく、ご講演は早稲田の魅力から始まりました。『人種のるつぼ』、『男女平等が当たり前のように浸透している空間』が早稲田であり、ワセジョとしての自分を育んだそうです。
小学校3年生で早稲田をめざし、小学校6年生でアナウンサーをめざし、現在弁護士として活躍されている菊間千乃さんの生き方、人生に対する考え方についてご披露いただきました。

e0274082_1391226.jpg


ご講演内容を一部ご紹介いたします。 (レジュメ 習志野稲門会・山田弘 氏 記)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*聴講される皆さんは自分よりも年長者ばかりなので恐縮しているが、ワセジョが頑張っていることを暖かい目で見守り聞いて頂きたい。

*熱烈なワセダラブを自認している。小学校3年の時に既に早稲田に決めていた。その魅力は4つある。
①スポーツが好き。ラグビーはじめスポーツの盛んなワセダに決めた。特に雪の早明戦は記憶に残り、益々ワセダ贔屓になった。
②ワセダはマスコミ分野で多士済々。錚々たる先輩多数。
③ワセダは人種の坩堝。魅力のある先輩方、学生が多い。
④ワセジョに憧れていた。ワセジョは社会での活躍者が多い。

*早稲田という環境では女性を特別扱いしない、男女対等が望ましい。
今の勤務先の法律事務所所長も早稲田卒。
多くのワセダ卒の男性は女性の扱い方が上手。自然に女性の活躍には協力的である。

*男女平等が当たり前のように浸透している社会が益々重要になる。
これからは女性の活躍が社会や企業のアドバンテージ(advantage)になる。

*アナウンサーから弁護士になろうと思った契機は、ワセジョの先輩社員との対談であった。
当時、自分も20歳代の後半から次のキャリアを考えていた。こういう時期に先輩女性の生き方が大きく参考になった。

*職業としてのアナウンサーを志望した理由は、「自分らしさって何? 何をしたのか? 何を大事にするのか?」 を考えるところが原点である。自分の過去を洗い出すと、幼少の頃から戦争関連の記憶がある。アンネの日記、ベルリンの壁の崩壊等々、世界が大きく変わる予感があった。アナウンサーになってからもハンセン病の悲劇も知った。

*人は何故、自分と異なる人を差別するのか?幼少の頃からの疑問であった。
 異なる人とのコミュニケーションの大切さ、コミュニケーションへの興味を早くから抱いていた。人とのコミュニケーション、人を相手にする仕事としてのアナウンサー志望につながった。アナウンサーも弁護士も人を相手にするのは同じ。この仕事を通じて世の中の人々を幸せにしたいと思う。

*日々の生活の中でも自分の考えをクリアにすることが大事。それには「目的を考えて選択をする」。選択の積み重ねこそが自分の人生。こういう思考習慣を身に付け具体的な目標を設定を心掛けている。
そして、明日から何をすべきか?~に思いが至る。

*弁護士になると決めたときは、具体的な目標達成計画書を作成し、毎日16時間もの勉強も苦にならなかった。

*「今の自分を越える」とは、自己肯定力、ありのままの自分を受け入れることである。他人は変わらない、だから自分が変わる。
「過去と他人は変えられない」が、「明日と自分は変えられる」

*会社勤めが終わった後でも、自分のやりたいことがあって、明日へのわくわく感を抱き、歳を取ることにプラス思考でありたい。

*大きな壁を乗り越えたら明るい人生が待っているのではなく、明るく乗り越えることが人生である。過去の自分が今の自分を励ましてくれる。司法試験に落ちてもダメではないと思っていた。

*本日ご参集の皆さまも今後とも益々輝いて頂きたいと願っております。
〜以上〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

第ニ部 鎌田 薫総長 懇談会(午後3時10分~午後4時10分)

e0274082_1311863.jpg


角田哲朗支部長(大会会長)、福田秋秀校友会代表幹事の御挨拶の後、鎌田薫総長から、早稲田大学の位置づけや『WASEDA VISION 150』の進捗状況をお話しいただきました。

内容は以下のとおりです。 (レジュメ 習志野稲門会・山田弘 氏 記 )
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*全国各地の早稲田大学校友会の支部祭の中でこの千葉支部稲門祭が最大であり、ご支援に感謝お礼申し上げる。
 
*2017年大学の世界格付けランキング(イギリス)によると早稲田は26番目。因みに東大29位、東工大48位、1位はスタンフォード 2位マサチューセッツ 3位中国の精華大学 4位シドニー 5位ケンブリッジ。

*国の研究費、日本は縮小していることが問題。中国、韓国は増大している。諸外国に比べて日本の場合、民間企業が大学に研究費を余り出さないことも世界の大学ランキングで日本の各大学が低い原因になる。

*研究に関する国内に於ける早稲田のプレゼンスは5位と健闘している。

*国家公務員試験、司法試験合格者数でも早稲田は上位を占めている。

*スポーツでは先のリオ・オリンピック・パラリンピックでの坂井聖人選手(銀メダル)、瀬戸大也選手(銅メダル)はじめ24名の出場。次回の東京大会の出場は32名の目標に向けて日々練習に励んでいる。

*ラグビーは帝京には散々であったが、慶応には何とか勝利した。箱根駅伝も期待できる。

*『 WASEDA VISION 150 』(創立150周年の2032年の大学のあるべき姿・目標)の中で特に重要なのは教育・研究に於けるリーダシップ アジアのリーディング大学として進化する大学であり、それを支える財政基盤とガバナンスの強化。

*数値目標:
 大学学生数 現在4万人→3万人へ  大学院数 9千人→1.5万人へ
 社会人教育 3.5万人→5万人へ
 学生数を1万人減らすのは大幅な収支減となり、財政上は厳しいのだが実行する。
 日本では景気が良くなると大学院生が減少するが、世界の一流大学は大学院生が多い。
 教員数 常勤 1.7千人→2千人へ  外国人学生 4.4千人→1万人
 海外派遣学生 2.4千人→全学生
 教育内容の公開率 0.3%→100%
 外国語による授業 6%→50%
 対話型授業 29%→問題発見型授業 75%
 研究費収入 89億円→200億円
 寄付金 22億円→100億円(ハーバード1500億円・東大100億円・慶応80億円)
 校友会費納入者 13万人→35万人

*今、なぜ教育改革か?
  国の成長(生産)= 1人当り生産性 × 労働人口(8千万人から4千万人)
            G7の中で日本の生産性は最下位
  人口減の大きな要因→子育て世代の教育費負担の増加(国が教育費用の軽減に努力すべき)

*急速で大規模な社会の変動 →現在の多くの職種、職業は近未来には大きく変化する。
従って現在の職業を前提とした学びが通用しなくなる。人は生涯かけて学び続けなければならない時代の到来。

*ところが現状では過去30年~40年も前の教育が続いている。予め正解があり、それ以外は認めないという教育ではこれからの時代の変化について行けなくなる。決め手となるのは①自分の力で考える能力②多くの人々と連携できる能力である。このような時代の変化に多くの大学が追いついていないのが現状である。

*現状のマークシート方式の入試を改革し筆記試験と言うが、膨大な受験生の筆記をどのようにして効率的に評価するのか?フランスのバカロレアで最も重視するのは哲学の問題。回答の文字数は新聞一面と同じとも聞いている。75万人もの採点をしていると聞くが具体的な取組みを解明する必要がある。

*勿論、知識不要とは言っていない。更に問題発見力、チャレンジ精神、感性、多様性が益々重要になる。若者の精神的タフネス、自己肯定力も大切であり、このような時代の変化に大学はどう応えるのかが問われている。

*校友各位からの質問にも答える形で WASEDA VISION 150の現状や今後の展開などに触れながらお話しした。
〜以上〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
角田哲朗支部長(大会会長) 
e0274082_13115794.jpg


福田秋秀校友会代表幹事
e0274082_13123031.jpg
                          
司会 和田麻理 氏 (千葉稲門会)
e0274082_1472370.jpg


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

特別企画:早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)
/東日本大震災被災地支援 寄附金コーナー
 第二部と第三部の間での、会場レイアウト変更のための時間帯を利用して、WAVOC/被災地支援の寄附を今年も呼びかけました。

e0274082_13135276.jpg


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

第三部 懇親会 (午後4時30分~午後7時)

懇親会は午後4時30分に土肥洋子実行委員長(習志野稲門会)の開会の挨拶で始まりました。

e0274082_1317691.jpg


岡本宏一早稲田大学総長室長のご来賓のご挨拶の後、ご来賓及び各稲門会の紹介があり、佐川一元元千葉県支部長の音頭で乾杯を行いました。

e0274082_13531716.jpg


e0274082_13534742.jpg


ご来賓としては、鎌田 薫早稲田大学総長・早稲田大学校友会会長、福田秋秀早稲田大学校友会代表幹事、岡本宏一総長室長、天野紀明総長室副室長、梅原竜司総長室校友課長、今村昭一文化推進担当課長、鈴木 護平山郁夫記念ボランティアセンター事務長の7名が出席されました。

また、地域稲門会からは、船橋稲門会、千葉稲門会をはじめ22の稲門会が、職域稲門会からはちばぎん稲門会、千葉県庁稲葉会等5つの稲門会に出席いただきました。

また、平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)、千葉県学生稲門会の学生の皆さまにも出席いただきました。
しばらくご歓談の後、福引き抽選会が行われ大いに盛り上がりました。

最後に、早稲田大学応援部の音頭に合わせ紺碧の空、早稲田大学校歌を斉唱し、国分副実行委員長(浦安稲門会)の閉会のご挨拶で盛会のうちお開きとなりました。  (船橋稲門会・三村達 氏 記)
 
e0274082_13191243.jpg

               
e0274082_1357982.jpg



懇親会 司会 三村 達 氏 (船橋稲門会) 友納 あけみ 氏(習志野稲門会)
e0274082_13555268.jpg


e0274082_13214191.jpg


〜以上〜
[PR]
# by chibawase | 2017-02-24 14:58 | 千葉県稲門祭

第10回 「若手校友の集い」開催される!

2016年11月3日に県支部主催の 「第10回 若手校友の集い」が開催されました。

 第一部 講演会:岩田温氏(政治学者、早稲田大学大学院政治研究科卒)1時30分~2時30分
          「岩田温の備忘録」
 第二部 討論会:「校友会活動って何?」 2時40分~3時40分
 第三部 懇親会 : 4時〜



参加者の寺島孝輔 氏 (2000年政経卒 市川稲門会) から、会の内容や感想について寄稿いただきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「若手校友の集いに参加して」
 このたび、初めて「若手校友の集い」に参加させていただきました。当日の式次第に沿って、簡潔に振り返ってみたいと思います。

 第一部での岩田温先生の講演「本を読むということ」では、徐々に熱くなる先生の語り口についつい引き込まれてしまいました。これまでに体験した読書の楽しみや興奮を思い出し、本をもう一度読みたくなる、素晴らしいご講演でした。

 第二部は現役学生を交えた討論会「校友会活動について」。若手の会とはいえど、社会人の先輩方を前にして緊張しがちの現役学生。今大学で取り組んでいることや、今後の抱負について、一生懸命に話すその姿は心温まるものでした。

 そして第三部の懇親会。若手の会の名の通り、若々しいエネルギーに溢れた大変楽しい食事の場でした。まるで高田馬場の栄通りにいるのかと勘違いしてしまいそうなくらい(と言えば皆さんイメージ湧きますよね)の盛り上がりでした。

 少し話が前後しますが、今回の集いに寄せさせていただいたきっかけは、十一月末に開催した千葉県稲門祭の実行委員に任命されたことでした。そこで実行委員の事前打合せも兼ねて、若手校友の集いにもお声を掛けていただいたのです。

今回の集いに参加してみて実感したのが、県内の稲門会横断でのお付き合いの大事さでした。県稲門祭の実行委員には、事前の打合せや当日の準備に打ち上げなどの場があり、県内の稲門会から大勢の校友が来られます。そこに見知った方がいらっしゃることの安心感。なんの変哲もない「どうも」という挨拶ができるだけでも、精神的なハードルが下がる気がしたのです。
地元の稲門会にもお世話になりつつ、県内の各稲門会の中に顔見知りの方がいる。一緒にお酒を交わした方がいる。そのような場を若手のうちから経験できる、というのがこの若手の会の一番のありがたみなのだ、などと思いながら美味しくお酒を頂戴することができました。心より感謝申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

土肥 洋子 組織委員長
e0274082_1253686.jpg


岩田温 氏 講演
e0274082_10552617.jpg


和田麻理 氏 司会
e0274082_12461210.jpg


e0274082_1114692.jpg


e0274082_1123917.jpg


討論会
e0274082_10571897.jpg


e0274082_1058919.jpg


e0274082_12491464.jpg


e0274082_10592413.jpg



懇親会
e0274082_110848.jpg


e0274082_12504597.jpg


e0274082_1105843.jpg



〜以上〜
[PR]
# by chibawase | 2017-02-16 13:11 | 組織委員会だより

県稲門祭と各稲門会総会の日程・会場  2016年度

県稲門祭 2016年 11月 26日 (土) ホテルニューオータニ幕張


稲門会名 日程 開催場所
習志野稲門会2016/5/15(日)銀座アスター津田沼賓館
船橋稲門会 2016/5/28(土)船橋グランドホテル
四街道稲門会2016/5/29(日)四街道市文化センター
松戸稲門会 2016/6/4 (土)聖徳大学スカイラウンジ「ローカス」
浦安稲門会  2016/6/5 (日)アートグレイス・ウエディングコースト
八干代稲門会2016/6/5 (日)八千代台文化センター
千葉稲門会 2016/6/11(土)千葉スカイウィンドウズ「東天紅」
山武郡市稲門会2016/6/11(土)蓬莱閣
我孫子稲門会2016/6/11(土)アビイホール
鎌ヶ谷稲門会 2016/6/12(日)エムティ・ミリーズ
佐倉稲門会 2016/6/12(日)ウィシュトンホテル・ユーカリ
銚子稲門会 2016/6/15(水)大新旅館
市川稲門会 2016/6/18(土)市川グランドホテル
成田稲門会 2016/6/18(土)成田スカイホール
南総稲門会 2016/6/19(日)東京ベイプラザホテル
野田稲門会 2016/6/25(土)クリアビューホテル
市原稲門会 2016/6/26(日)五井グランドホテル
柏稲門会 2016/7/3 (日)ザ・クレストホテル柏
白井稲門会 2016/7/16(土)白井中銀マンシオンホール
印西稲門会 2016/7/16(土)ホテルマークワンCNT
茂原長生稲門会2017/1月 未定
流山稲門会 2017/3/18(土)柏日本閣
[PR]
# by chibawase | 2016-12-22 21:31 | 千葉県支部行事一覧


早稲田大学校友会千葉県支部のブログようこそ


by chibawase

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
県内各稲門会一覧
千葉県支部行事一覧
千葉県稲門祭
千葉県支部 役員一覧
組織委員会だより
事業委員会だより
総務・会計委員会だより
渉外委員会だより
ゴルフ部会だより
囲碁部会だより
ボランティア部会だより
なでしこin千葉
同好会活動
県支部事務局
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 11月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月

フォロー中のブログ

流山稲門会

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

千葉県支部春季幹事会 開催!
at 2017-05-20 12:45
2017年千葉県稲門祭 担当..
at 2017-02-27 11:31
2016年千葉県稲門祭 ..
at 2017-02-24 14:58
第10回 「若手校友の集い」..
at 2017-02-16 13:11
県稲門祭と各稲門会総会の日程..
at 2016-12-22 21:31

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧